運命の赤い糸とオメガバース~BL徒然ノートその4

二次創作で好きなカップリングのオメガバースものを読むの、嫌いじゃない。

(Wikiによるオメガバース解説:もともとは海外で発生したスラッシュ、やおい・BLジャンルの特殊設定で、日本でも広く普及した。能力が高くリーダー性やカリスマ性をもつ α[アルファ]、一般的な人間 β[ベータ]、発情期があり繁殖のための性として社会的地位の低い Ω[オメガ]が存在し、それぞれ男女があり計6種類の性別がある。α は男女ともに妊娠させる能力があり、Ω は男女ともに妊娠する能力がある。Ω は α を惹きつける特殊なフェロモンを発する。基本設定以外は書き手によって自由。)

(筆者追記:その他に重要な設定として“番(つがい)”がある。αとΩの間でのみ発生する強いつながりで、本能的なものであり、通常の恋人関係や結婚よりも強いものとされる。番になる基準は運命的なものであったり、性行為の際にαがΩのうなじを噛むことで関係が成立するなど作品によって異なる。)

 

でもこれって明らかに優性思想だよね。そんなのを読んだり書いたりするのってどうなの? ってちょっと思う。

あと設定を聞いた瞬間「ファンタジーも極まれり、だなぁ。だって無理じゃん、ちょうどいいタイミングで運命の番に出会うなんて。一方が70歳の時に5歳の運命の番に出会ってもどうしようもないし(運命の番同志は出会った瞬間、運命だとわかるらしい)、一方が日本に住んでて、もう一方はアフリカに住んでるので出会わないまま一生を終えました、って普通に起きるよね。あと結婚という制度が強いのは、内田樹によると“誰としてもそれなりに上手くいく”ところだし」って思った。

 

これって精神的な「赤い糸で結ばれた運命の相手」を信じられなくなった私たち女が、新たに生み出した「“体版”運命の相手」なのではないか。

だってしょうがないじゃん、生理現象なんだから。数か月周期で発情してしまっても。生理と一緒だよ。そうやって仕様がないことって社会的に認知されて、そんでスパダリ(スーパーダーリン)にぐちょぐちょに愛されたいっていう女たちの欲望。

 

数年前にインターネットカフェのトイレで「スーパーメディアモールfor women」というサイトの張り紙を見かけて↓

  イメージ 2

 

「meet」というWEBマガジンに銘打たれたキャプションには「秘めたる欲望はあってしかるべし。/自分の性欲に罪悪感を持つ必要はない。」とあるのを見て、「そうか、私たちは欲望(特に性欲)を持つことに罪悪感を抱いてしまうんだ」と気づいてしまった。あとその1年後? くらいにニコ生の放送で男性(「山田玲司ヤングサンデー」という番組の「おっくん」というアシスタント)が「女性に性欲ってあるの? 」と発言して「無いと思ってたの!!?? 」とびっくりした。でもその発言により、長年の違和感「男性ってBLをバカにするけど、じゃあお前はエロ本買わねぇのかよ」が氷解した。

社会的に女性が欲望(特に性欲)があることを表明することは忌むべきことというコードがあって、女性には性欲がないと思ってるから、それにより男性は女性に欲情するというところだってあるし、その社会的なコードを男ならず女もなんとなーく小さい頃から刷り込まれてるんだなぁ、と思った。だから私、20代の頃松田聖子やダイアナ見ててモヤっとしたんだなぁ。「そんな全部手に入れようとするなんて浅ましくないか」って。男の人が全部手に入れようとするのは別に悪い事とはされてないのにね。

 

閑話休題。でも二次創作で読みたいのって、結局ベタ(ご都合主義も極まれりの少女趣味とか)なんだよなぁ。

あと上記の「優性思想読み書きしていいのか?」の疑問じゃないけど、社会的によろしくないもの(SMとかロリとかスカとか)を、秘めたる欲望の昇華として読んだり書いたりしたいわけだし。

東浩紀がトランプ勝利(米大統領選)の際にニコ生で「PC(ポリティカル・コレクトネス)疲れってことでしょ」と発言したが、私たちもこの何十年けっこうがんばった。がんばって女性の権利はだいぶ拡大したし、気付いたら女性誌の「一か月ファッションコーデ」のキャプションも10年くらい前は恋愛のことしか言ってなかったのに、今は「VERY」でさえ“仕事も男も大事”みたいなニュアンスになってる。でもそのぶん疲れたんだよ。ベタが読みたいんだよ。だから「ユーリ!!! on ICE」が流行ってるんだよ。勇利は異国の「絵に描いたような王子様」の下へ嫁いだんだよ。シンデレラと一緒。BSアニメ夜話今日からマ王!」回で高見恭子が「私、ドラマで『○○』が好きだった(○○…一般家庭の女性が温泉旅館を営む家庭に嫁いで苦労する話らしい)んですよ、それと『マ王』は構造が似てる」って言ってたのと一緒。

 

思うのが、オメガバースが発生したのが、世界一ジェンダーが進んでいると言われるアメリカ、つうのがなんだか皮肉というかおもしろいというか。アメリカのジェンダー事情と日本のジェンダー事情がどれだけかぶるのかはわからないけど。あと今後はオメガバース寿たらこSEX PISTOLS」との関連性についても調べたい。

 

追記:

・「ユーリ!!! on ICE」素晴らしい作品だと思ってます。大好きです。

・関係ないけど、女性誌の「一か月ファッションコーデ」のキャプションは男性誌におけるエロ本のキャプションと相似関係にあると思ってます。てことは男性誌のエロ本のキャプションにも時代的変遷があるのかなぁ。