5月6日(水・振替休日)

ついに外山恒一東浩紀の対談が決定!!!!!

10日(日)19時からゲンロンで無観客生配信!!!!

万難を排して見ねば!!!

 

f:id:akane_fukamachi:20200615154103j:plain

イベント名「永続敗戦と全共闘以後ーー外山恒一・十番勝負『全共闘以後』刊行記念対談」


写真は2018年11月26日(月)の外山さんゲンロンカフェ初登壇イベント、白井聡さんとの対談の様子。

 この時初めてゲンロンカフェに行って、ものすごく興奮した。

以下その日の日記

「初めて! ゲンロンカフェに行った!!

19:05スタート、ほぼ満席(60~70席)うち女性4人くらい(自分含め)。あずまんは会場におらず。
最初、企画者の清さんという人のあいさつ。『外山恒一十番勝負』と銘打ったが、二人目以降は決まっていないとのこと。(後略)」

 

外山さん、イベント後にサイン会をしてくださって、新刊「全共闘以後」にサインしながら質問にも答えてくださった。

ーー今日の対談相手の白井さんは外山さんの7歳下で、同年代の東さんと話すなら、何を話しますか?

外山(敬称略・以下同)「すりあわせだよね」

ーー「WEB版人民の敵」で東さんの事をたくさん批判されてますよね。

外山「批判もしてるけど、あずまんは運動家みたいだって言ってて」

外山「あずまんはえらい」

外山「大学を出て」

ーー大学にいられるのに出て、こういう場を作って、って事ですよね。

というやりとりがあった。

 

 

そこから時が経ち、今日でゴールデンウィークが終わるというのに、アドバイザーからの課題の“こうなりたかったけどなれなかった道”が全然書けない。

自分を見つめるの、すごい嫌だ。

恥ずかしい過去が次々頭に浮かぶ。

で、ついpixivとか見ちゃって、しかも今「自粛のお供に」ってことで書き手の皆さん、過去作の同人誌を期間限定WEB再録とかしてくださってて、久しぶりに歴代カップリングを辿ってしまう。

「あの作家さんどうしてるかな」とふと思い出した作家のページに行き、それまでは自分と共通の原作のパロディしか見ていなかったのに、つい他作品のパロディを一つ見たら止まらなくなってしまって、そしたらもうその作家が好きってことで、BOOTHで既刊6冊で、3冊いまだ販売中か……【逡巡】…………タシーン! (クリック音)。

特にやられたのが、「賭ケグルイ」という作品のパロディで、狂言回しのキャラが、原作では全く関係のないキャラとカップリングされていて、まぁこれが面白いのなんの。

その作家のpixivページは全て読んだ。Twitterも見た。同人誌はうち2冊が賭ケグルイで届くのを待っている。普通はここで原作を見る、他作家の作品を探しに行く…と広がっていくのだが、原作では二人は全く接点がないのだ。捏造カップリングだから書き手はその作家しかいないのだ。供…給…量!!!

ついに自家醸造する時が来たかと思ったけど、原作、既刊どっさりだから、次が決まってからだな!!!!

 

アマゾンプライムに実写版映画があったので見た。トリッキーな設定(上流階級の子弟が通う学園の独自ルールが「ギャンブルで全てを決める」だったり、主人公の名字が蛇喰<じゃばみ>だったり)に最初は面食らったが、頭脳戦で面白かった。

主人公役の浜辺美波が美しく印象的で、2000年生まれの石川県出身。

偶然だろうが蛇喰姓は全国で10世帯ほどあるらしく、石川県の名字らしい。

 

あー課題……。